青汁のよくある質問

緑茶のように飲みやすい青汁これだ!

投稿日:2016年8月5日 更新日:

緑茶のように飲みやすい青汁これだ!日本人が昔から好んで飲んでいるもの、それはずばり緑茶です。あたたかい緑茶は、どこか気持ちが落ち着くものがあります。

そんな緑茶を、毎日の水分補給にしている人もいると思います。ただの水よりも、緑茶なら様々な効果を得ることができますよね。

最近はその飲みやすさから、緑茶風味の青汁もたくさん販売されています。

青汁は健康のためにとても効果的ですが、健康効果を得るためには長期間青汁を飲み続けなければなりません。

青汁は緑の野菜から作られているため、どうしても苦味や青臭さがあって飲みにくいと感じる人も多いです。

しかし緑茶風味ならマズイ青汁もおいしく飲めることでしょう。ここでは、緑茶と青汁について説明したいと思います。

緑茶と青汁の違いは?

緑茶と青汁は、どちらも緑色をした飲み物です。緑茶と青汁には、どのような違いがあるのでしょうか。

見た目こそ似ていますが、緑茶と青汁はそもそも原材料が違います。

緑茶はチャノキというお茶の葉から作られていて、青汁はケールや大麦若葉などの緑の葉野菜を中心に作られています。

緑茶と青汁を比較してみると、栄養価では青汁、飲みやすさでは緑茶でしょうね。

緑茶にはどんな効果がある?

青汁が健康にいいことは広く知られていますが、緑茶だって負けてはいません。緑茶にも様々な健康効果があることが知られています。

緑茶は、タンニン、カフェイン、テアニンをバランス良く含んでいて、さらにカテキンという殺菌作用のあるポリフェノールも含んでいます。カテキンは聞いたことがありますよね?

緑茶は風邪の予防、口臭の予防、ダイエット効果、生活習慣病の予防など多くの健康効果を発揮しますよ。

青汁に負けず劣らずといったところでしょうか。

青汁のおいしい飲み方は?

青汁を水に溶いただけでは風味が苦手で飲めないという人のために、いろいろなアレンジ方法があります。

牛乳に混ぜたりヨーグルトに混ぜる方法は、比較的メジャーなアレンジ方法ですよね。

それよりもサラッとした飲み心地、すっきりとした飲み口を味わいたいという人は、青汁と緑茶を混ぜる方法がおすすめです!

とはいえ、アツアツの緑茶に粉末の青汁を混ぜることはあまりおすすめできません。なぜなら、青汁に含まれるビタミンやミネラル、酵素などは熱に弱いという特性があるからです。

ビタミンやミネラルは80℃で壊れますが、酵素は40℃で壊れてしまいます。冷たい緑茶なら問題ないのですが、温かい緑茶に青汁を混ぜると酵素はほぼ死滅してしまうでしょう。

とはいえ、たとえ酵素は死んでも腸の中で他の善玉菌のエサになりますから、全く効果がなくなるというわけではありません。

緑茶に青汁を混ぜると、緑色が濃くなって飲みやすさはそのままに青汁の風味を感じやすくなりますよ。

緑茶風味のおすすめはサントリーの「極の青汁」

ではここで、緑茶風味で飲みやすい青汁をご紹介しましょう。青汁と緑茶を混ぜると青汁の栄養素が破壊されてしまうという話をしましたが、もとから抹茶味の青汁ならそんな心配もありません。

おすすめはサントリーの「極の青汁」です。

ドリンクメーカーのサントリーが開発した青汁というだけあって、さらりとした飲み口が人気です。抹茶と煎茶が入っているので、まるで緑茶を飲んでいるような味わいを楽しむことができます。

極の青汁は吸収力を高める「ケルセチンプラス」という成分も配合していますから、飲みやすいだけでなく栄養面でもばっちりです。

いくら飲みやすくても、野菜の栄養が摂れないのでは普通の緑茶を飲んでいるのと変わりません。サントリーの極の青汁なら、青汁のいいところと緑茶のいいところをどちらも摂ることができますよ。

野菜不足が気になる人が多い現代において、飲みやすくて栄養満点の緑茶風味の青汁というのは、とても重宝することでしょう。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-青汁のよくある質問
-,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2017 AllRights Reserved.