青汁のよくある質問

子供に青汁はいつ頃から飲ませていい?

投稿日:2016年8月20日 更新日:

子供に青汁はいつ頃から飲ませていい?今、日本人の野菜不足は深刻な状態になりつつあります。厚生労働省が定める「1日に摂取すべき野菜量」は、一人あたり350gです。

そのうち緑黄色野菜は120g摂るべきと言われています。

しかしこれはあくまでも理想であり、実際に350g野菜が摂れている人はほとんどいません。

年代別に見てみても、60代以降ですら350gには足りておらず、20代では100g以上も足りていないのです。

どの年代でも野菜は足りていなく、それは子供にも影響しています。なぜかというと、子育て世代である20代や30代が野菜を食べない生活をしているわけですから、当然その子供たちも野菜を食べる機会そのものが少ないのです。

そのため、今は野菜嫌いの子供が増えているそうです。では、野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるにはどうしたらいいのでしょう。

野菜をそのまま食卓に並べたり、強引に食べさせようとしても逆効果でしかありません。そこでおすすめするのが、「青汁」です。

ここでは、子供に青汁を飲ませるときの注意点やおすすめの青汁などを紹介していきます。

子供に青汁を飲ませるときの注意点

子供に青汁を飲ませる場合、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

子供に青汁を飲ませる目的は、「野菜不足の解消」もしくは「野菜を補う」ことですよね。もちろんしっかりと食事から野菜を摂ることが理想ではあります。

その足りない部分を補うわけですから

  1. 飲みやすいこと
  2. 続けやすいこと

この2つが何よりも大切になります。特に子供の場合、最初に飲んだ青汁が「まずい、苦い」ものだったとしたら大変です。

この先どんな青汁に変えても、飲んでくれなくなるでしょう。そのため、子供に青汁を飲ませるときは

  • 甘みがある
  • 牛乳で割るとおいしい
  • 苦みが少ない

このような青汁を選びましょう。また、アレルギーやカフェインには気を付けなければいけません。

特に1歳にならないような小さい子供に飲ませる場合、はちみつ入りのものはやめましょう。

他にも飲みやすくするために抹茶や緑茶を加えているものも多いです。これらにはカフェインが含まれているので、子供に飲ませるには不向きです。

このことから、子供に青汁を飲ませるときには子供用の青汁を選ぶことをおすすめします。

基本的に青汁は野菜なので完全離乳食になる1歳頃から飲ませることができます。

飲ませ方としては、食事のお供やおやつのときなどに飲ませるのがいいですね。たくさん飲ませ過ぎると下痢になることもあるので、飲ませる量には気を付けましょう。

野菜不足による便秘の改善にも青汁はおすすめです。

子供におすすめの青汁は?

では、子供用のおすすめ青汁をご紹介しましょう。野菜不足の子供のために販売されている青汁は、意外とたくさんあるんですよ。

そのなかでも、「こどもバナナ青汁」をおすすめします。

こどもバナナ青汁は国産の大麦若葉を中心に、13種類の野菜と6種類のフルーツの栄養を摂ることができます。

初回は980円、2回めからは3880円です。

その上60日間は返金対象ですので、万が一子供が飲んでくれなかったときにも安心ですね。最初から水割りの青汁を与えるより、最初は牛乳で割ったものから始めるといいでしょう。

牛乳で割るとまろやかになりますし、見た目は抹茶ミルク、味はバナナミルクのようになって子供もごくごく飲んでくれるでしょう。

他にもおすすめの飲み方としては、「ヤクルトで割る」というものがあります。

ヤクルトなら乳酸菌を補うこともできますし、甘くておいしいので青汁もとても飲みやすくなります。便秘で悩んでいる子供にも、ヤクルト割りはおすすめですよ。

このように、青汁は子供でも安心して飲むことができるのです。子供に青汁を飲ませるときは気を付けることもありますが、おいしい青汁で家族全員の野菜不足が解消できたらいいですね。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-青汁のよくある質問
-,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2017 AllRights Reserved.