青汁の栄養素

ケール青汁がまずい理由

投稿日:2016年7月12日 更新日:

ケール青汁がまずい理由青汁の主成分といえば、思い浮かぶのはやはり「ケール」ではないでしょうか。

青汁といえばケールというほど定着のあるものですが、具体的にケールがどんなものなのかご存じですか?

名前は聞いたことがあっても、実際にどんなものなのかは分からない…という人が大半だと思います。

なんとなく「栄養価が高い」という漠然としたイメージのあるのがケールですね。

ここでは、青汁の基本ともいえる「ケール」について、いろいろと調べてみたいと思います。

ケールとはどんな植物か

まずはケールがどんな植物なのか、ということです。

ケールは地中海原産のアブラナ科の野菜です。アブラナ科というのは、キャベツやブロッコリーと同じ仲間、ということです。

ケールの栄養価を比較するときに、よくキャベツが引き合いに出されますが、それはケールとキャベツが同じアブラナ科の野菜だからなのでしょう。

キャベツやブロッコリーの仲間なら、スーパーに並んでいてもいいのでは?の思った人もいるでしょう。

では質問です。スーパーの野菜コーナーで、ケールが並んでいるのを見たことがありますか?

おそらくみなさん、見たことがないでしょう。外国では食材として食べられることもあるケールですが、日本では「食材として」食べる習慣はないのです。

ケールの栄養やその効果

高い栄養価で知られるケールですが、その栄養価を具体的に見ていきましょう。

実はケールはその栄養価の高さから、「緑黄色野菜の王様」との異名を持っているんですよ。誰もが認める緑黄色野菜、といったところでしょうか。

ケールは、ビタミンや食物繊維、葉酸、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなど「緑黄色野菜の持つ栄養素」のほぼすべての含有量が高いのです。

ケールを食べれば他の野菜はいらないと言えるほど、ケール1つで野菜の持つほぼすべての栄養素を摂ることができるのです。

では、その栄養素がもたらす効果を、くわしく見ていきます。

ビタミン

言わずと知れたビタミンは、免疫力を高める効果があります。女性にとっては美肌のイメージも強いですね。

ルテイン

ルテインは抗酸化作用が非常に強く、からだの中のさびを食い止めてくれます。ドライアイや白内障の予防などにも効果的です。

メラトニン

メラトニンは、リラックス効果を得ることのできる成分です。夜なかなか寝つけないという人や、不眠症で悩んでいる人にもおすすめです。

ベータカロテン

緑黄色野菜といえばこれ、ベータカロテンです。同じ緑黄色野菜であるトマトと比べても、ケールのベータカロテンはおよそ5倍も含まれているんですよ。

もちろんその他にもカリウムなども豊富なので、むくみの予防や改善にも効果を発揮することでしょう。

ケールは、健康効果としては動脈硬化やガンなどを予防するとも言われています。生活習慣病の予防にもなるというのは、とてもポイントが高いですよね!

ケールを食べる習慣のない日本では、ケールは青汁から摂るのが一般的です。

青汁がまずい=ケールの味だった!

高い健康効果があることは分かっても、ケールの青汁というのは敬遠されがちです。それはなぜかというと、やはり「ケールの味」にあるのでしょう。

「青汁はまずい」というイメージを植え付けたのが、このケールによるものだからです。

ケールから作られた青汁というのは、苦味や臭みが強く、おせじにも「ごくごく飲める美味しさ」とは言いがたいものがあります。

ただ、ケールは1年を通して収穫できる野菜なのですが、冬に収穫されたものは比較的甘みが強いと言われています。

寒い冬を越すために、糖分を蓄えておく性質があるのだとか。ですから、冬のケールが原料の青汁は、濃厚で甘みが強いのだそうです。

逆に初夏~秋に収穫されるケールは苦味が強いのです。

とはいえ、やはり冬のケールであっても苦いものは苦いです。青臭さが苦手な人には、到底飲めるものではないでしょう。

おすすめのケールの青汁

それでも健康のためにケールの青汁を飲みたい!という人は、「ステラの贅沢青汁」という粒タイプの青汁や、「レモンの青汁」など柑橘類を加えたものを選んでみてください。

ステラの贅沢青汁のような粒タイプの青汁なら、飲み込んでしまえばいいので、水に溶かすタイプのものより明らかに味を感じることはありません。

飲むのはどうしても無理という人は、このような粒タイプにしてみるといいですよ。また、ケールの苦味は柑橘類を加えることで緩和できることがわかっています。

「レモンの青汁」はもともとレモンが25%配合されているので、飲みやすいと思います。

それでもまだちょっと…というときは、自分でレモンを絞ったり、オレンジジュースやグレープフルーツジュースで割ってみるのもおすすめです。

柑橘系のジュースに溶かすと、ケールの苦味や臭いが気にならなくなりますよ。このように、少しの工夫でケールの青汁も比較的飲みやすいものにすることができます。

青汁は毎日続けることが大切なので、自分に合ったもの、そして自分に合った飲み方を見つけていきましょう。

美味しさよりも健康のための青汁を探しているのなら、ケールを使ったものがおすすめです。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-青汁の栄養素
-,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2018 AllRights Reserved.