美容健康

胃痛やうつ病にも青汁が効くとされる理由

投稿日:2016年7月19日 更新日:

胃痛やうつ病にも青汁が効くとされる理由今の日本はストレス社会と呼ばれ、ほとんどの人が何かしらのストレスを抱えていると言われています。

そのストレスが「胃にくる」人は非常に多いのだそう。ストレスで胃が痛くなったり…という経験、あなたにもあるのではないでしょうか。

もちろん胃潰瘍などを患っている場合は、医療機関できちんと治療を受けなければなりません。

しかし、治療が必要なほどではない、薬を飲むほどではない胃痛ということもあるでしょう。

ストレスや暴飲暴食が原因で、胃腸が炎症を起こしている、胃酸が過剰に分泌されてしまっているために起こる胃の痛みです。

実は、このような胃痛には「青汁」が効果的なんですよ。

胃痛と青汁の関係

青汁は栄養価の高い緑の野菜から作られています。ビタミンやミネラルがとても豊富なことは、みなさんもご存じですよね。

ビタミンやミネラルというのは、わたしたちの普段の食事で不足しがちな栄養素です。ビタミンやミネラルは、炎症を抑えたり免疫力を高める働きがあります。そのため、胃痛の緩和や予防にとても効果があるんですよ。

普段から野菜が足りないと感じている人は、特に青汁の効果を実感しやすいのではないかと思います。

それだけではありません。青汁に含まれるクロロフィルという葉緑素が、胃痛の緩和に大きく関係しています。

クロロフィルには、胃壁を保護し、健胃健腸作用があると言われているんですよ。

ですから、「なんだか胃腸の調子が悪いな」「時々胃が痛むんだよね…」というときには、クロロフィルが豊富な青汁を飲んでみるといいでしょう。

胃痛の緩和・予防に効果的な青汁

胃痛の緩和や予防のために青汁を飲もうと思ったとき、どんなことに気を付けて青汁を選べばいいのでしょうか。

青汁への健康効果やその他様々な効果があることが分かってから、青汁の人気は高まるばかりです。

そのため、いろいろなメーカーが青汁を販売しています。一言で青汁と言っても様々なのです。

そんな数ある青汁の中で、胃痛の緩和や予防におすすめなのは、「大麦若葉」を主原料にしている青汁です。

大麦若葉は、クロロフィルの含有量が他の青汁の素材(ケールや明日葉)と比べても圧倒的に多いのです。

ですから、ケールの青汁よりも大麦若葉の青汁を選ぶようにしましょう。

そして、胃腸の調子が悪いとき、「空腹時に薬を飲むのはNG」とされていますよね。胃腸に負担がかかるためです。

しかし青汁、クロロフィルは胃を保護してくれるので、飲むのなら食前がおすすめなんですよ。

クロロフィルの効果は徐々に現れ始めますから、食事の30分前くらいに飲むのが効果的です。青汁を飲んでおくことで、食事による胃痛を防ぐことができるでしょう。

冷たいものは胃に負担となることが多いので、胃腸の弱い人はホットで飲むといいかもしれませんね。

うつ病と青汁の関係

うつ病は、はっきりとした原因が解明されていません。

食生活や生活習慣の乱れや、自律神経の乱れが引き起こすと言われています。その中でも、うつ病はビタミンやミネラルが不足することによって、脳内に異常が起こることが原因とも考えられています。

ビタミンやミネラル、そして酵素を多く含む青汁は、うつ病の症状緩和におすすめの飲み物なのです。

薬ではないので副作用もありませんし、体内環境を整える効果は抜群ですよね。

胃痛の緩和におすすめの青汁同様、うつ病の緩和には大麦若葉の青汁がおすすめです。

大麦若葉は栄養素が豊富なだけでなく、ケールと比べても「飲みやすい」という特徴があります。うつ病の緩和というのは、ある程度の長い時間を見ておかなければなりません。

まずいものは続きませんから、飲みやすいというのはとても大切なことですね。また、青汁による好転作用の1つとして、胃痛が生じることもあります。

ただ、好転作用は一時的なものですので、すぐに治まるので安心してください。辛い胃痛やうつ病で悩んでいる人は、是非大麦若葉主体の青汁を飲んでみてくださいね。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-美容健康
-, ,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2018 AllRights Reserved.