美容健康

青汁が腸内環境に与える良い効果

投稿日:2016年8月18日 更新日:

青汁が腸内環境に与える良い効果「青汁の効果」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

みなさん思うことは違うと思いますが、野菜を補うということ、そしてそれに伴う効果を思い浮かべることでしょう。

ここでは、青汁を飲むことで得られる効果のひとつ、「腸内環境」に焦点をあててみたいと思います。

青汁が腸に与える効果

青汁が腸に与える良い効果とは何なのでしょうか。それは青汁を飲むことで、腸内環境を整えることができます。

腸内環境が乱れていると様々な不調をもたらすだけでなく、免疫力も低下してしまいます。

健康に過ごすためには、腸内環境を改善する必要があるのです。青汁を飲むことで、腸内にある善玉菌を増やすことができます。

善玉菌というのは、腸内細菌のひとつです。

腸内細菌

善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)約20%

悪玉菌(大腸菌、ウェルシュ菌など)約10%

日和見菌(どちらの味方にもなる)約70%

の3つがあります。日和見菌は善玉菌と悪玉菌のうち、優勢になっているほうの味方につくことが分かっています。

善玉菌が優勢なら強い味方になりますが、悪玉菌の味方にもなりうるので注意が必要です。実は腸内細菌は500種類以上、100兆個にもなると言われています。

大半を日和見菌が占めていますので、いかに「善玉菌優勢の腸内環境を保っておけるか」が大切になるのです。

青汁がなぜ腸内環境の改善に役立つのかというと、青汁には食物繊維が豊富に含まれていて、この食物繊維が善玉菌の繁殖を助けることができるからです。

便秘のときに「食物繊維がおすすめ」だということは、みなさんもご存じですよね。

食物繊維を摂ることで便を出しやすくすることができ、便秘の改善、しいては腸内環境の改善につながるというわけです。

また、ビタミンやミネラルによって身体の中からきれいにすることができますし、ビタミンCには腸内を掃除する働きがあります。

腸内環境が悪くなると免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、肌荒れ、便秘、体臭などをもたらします。

これらの症状は、元をたどれば「腸内環境の悪化」が原因であることが多いのです。

青汁は腸閉塞や腸炎の予防にも!

腸閉塞や腸炎といった「腸のトラブル」の予防にも、青汁はおすすめです。これらはどちらも、腸内環境を良好に保つことで防ぐことができると言われています。

特に腸閉塞は便秘によって腸の内壁が傷つくことも原因だとされています。便秘にならないようにすることで、腸閉塞を防げるというのは納得ですね。

腸閉塞は気づかずに放っておくと命に関わることにもなりますから、青汁を飲んでしっかりと予防したいところです。

腸内環境を改善するためにおすすめの青汁

それでは、腸内環境を改善するためにおすすめの青汁をご紹介しましょう。

青汁にはたくさんの種類がありますが、腸内環境の改善目的で青汁を飲むときは、どのような青汁がいいのでしょうか。

それは、世田谷食品の「乳酸菌が入った青汁」です。善玉菌である植物性の乳酸菌が、1杯あたり100億個も含まれているのです。

大麦若葉、クマザサといった「すっきり効果の高い原料」を使っていますので、まさに腸内環境を整えるにはうってつけの青汁だと言えるでしょう。

便秘や肌荒れなどに悩まされているのなら、一度「腸内環境の悪化」を疑ってみてください。
そして、青汁を飲んで手軽に腸内環境を改善していきましょう。

もちろん、腸内環境が悪化してしまう理由には日頃の乱れた食生活や生活習慣、ストレスなどもあります。青汁を飲むだけで腸内環境を完璧にすることはできません。

青汁を飲みながら生活習慣を見直していくようにしましょう。すぐに効果が出るものではないので、まずは1ヶ月を目安に続けてみてください。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-美容健康
-,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2017 AllRights Reserved.