美容健康

亜鉛サプリはあまりおすすめできない?!亜鉛は何から摂取するのが良いか?

投稿日:2016年7月19日 更新日:

亜鉛サプリはあまりおすすめできない?!亜鉛は何から摂取するのが良いか?「亜鉛」という栄養素を知っていますか?主に男性が必要とするイメージのある栄養素ですが、詳しく説明できる人は少ないかもしれません。

亜鉛は、ミネラルの一種です。

体内でも作ることができますが、その量はごくわずかであるため、亜鉛は毎日の食事で補わなければなりません。

亜鉛は意識して摂取する必要はない?!

亜鉛の主な働き

新陳代謝を促す(新陳代謝に必要な酵素の材料になる)

成長を促進する

味覚を維持する

生殖機能を維持する(性ホルモンの分泌を増やしたり、精子の量を増やす)

抜け毛の予防

どれも大切なことばかりで驚いたのではないでしょうか。

これほど重要な栄養素でありながら、亜鉛は「カルシウム」や「鉄分」ほど注目されてはいません。それはなぜかというと、亜鉛は多くの食べ物に含まれているからです。

たとえば白いご飯を茶碗一杯食べたとすると、多少の亜鉛を摂取することができるのです。

このように、いろいろなものから摂取することができる亜鉛は、「意識して摂る」という習慣がなかったのだと思います。

亜鉛はサプリでは効果なし?

男性の妊活が注目され始めたころから、亜鉛という栄養素にも注目が集まるようになりました。先ほどもお話ししたように、亜鉛は精子の量を増やす働きがあるからです。

亜鉛は牡蠣やウナギに多く含まれていることが分かっていますが、毎日牡蠣やウナギを食べる人はいません。

そこで、手軽に亜鉛を摂取する方法として注目されたのがサプリです。

健康食品やサプリが身近なものになった今、誰でも何かしらのサプリを飲んでいると言われています。しかし、亜鉛はサプリでは吸収率がとても悪いと言われています。

サプリでの吸収率を上げるためには、他の栄養素も補う必要があるのです。ですから、サプリで亜鉛だけを摂るのはあまり意味がないとも言われています。

亜鉛は食事から摂るのが一番良い

では、亜鉛はどのように摂るのがいいのでしょう。もちろん食事から摂るのが一番です。そこでおすすめしたいのが、青汁です。

青汁には亜鉛も含まれていますし、亜鉛の吸収を助けるビタミンB6やビタミンCも同時に摂ることができます。まさに一石二鳥ですね!

しかし、青汁なら何でもいいというわけではありません。きちんと亜鉛の含まれている青汁を選ばなければなりません。

亜鉛が摂れる青汁は、ケールを使った青汁です。

ケールは緑黄色野菜の王様と言われるほどの栄養価を誇る野菜ですから、当然亜鉛も含有しています。

しかし、ケールの青汁には難点が1つ。それは、苦味が強く飲みにくいということ。まずくて飲めないのであれば話になりません。

そんな人におすすめなのが、ファンケルの青汁「さらっと飲める玉露青汁」です。

ケールを使った青汁とは思えないほど、さらっとした飲み心地の青汁となっています。玉露の苦味がケールの苦味を打ち消してくれているので、「ちょっと苦いお茶」を飲んでいるような感覚です。

飲みやすくてもケールなので、亜鉛を摂ることができますよ。

いろいろな働きを持つ亜鉛は、サプリではなくケールの青汁から摂るのがとても効果的だと言えます。

最近太りやすくなった気がする

なかなか赤ちゃんが授からない

なんだか髪の毛が少なくなってきたかも…

このように感じることがあったら、それは「亜鉛不足」が引き起こしているのかもしれません。

もちろんすべてが亜鉛不足によるものとは言えませんが、亜鉛が足りないことも一理あると言っていいでしょう。

亜鉛は男性に必要なものと思っている人も多いのですが、もちろん女性にも必要な栄養素です。男性は精子にも関わっている分、女性よりも多くの亜鉛を必要としているだけなのです。

男性も女性も、「亜鉛不足」が疑われたら、ケールの青汁で手軽に亜鉛を補っていきましょう。

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

当サイトでよく購入されている青汁ランキング

  • ランキング1位
    ふるさと青汁ふるさと青汁
  • ランキング2位
    本搾り青汁ベーシック
  • ランキング3位
    おいしい青汁

-美容健康
-,

Copyright© 青汁人気ランキング【青汁屋】 , 2018 AllRights Reserved.